浅田飴くうる日記

<   2018年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

6月26日(火)27日(水) 笹尾根

f0221052_23051033.jpg

[PR]
by cmonkey3 | 2018-06-27 23:04 | | Comments(0)

6月22日(金) 南八ヶ岳縦走

f0221052_16192130.jpg

[PR]
by cmonkey3 | 2018-06-25 16:18 | | Comments(0)

Rusty Boys

子供扱いされるのにうんざりしたヒッピー世代4人のおじいちゃんたちが主人公のコメディ映画。老人ホームを出てシェアハウスで暮らす計画には資金が必要だが、次々トラブルが降りかかり、計画はわき道にそれ続ける。いったい彼らの運命は?主役の1人を演じるアンドレ・ユングは『明日、戦争の後で』(2015、EUフィルムデーズ2017上映)にも出演。昨年のルクセンブルク大ヒット作。
(映画紹介より)
f0221052_10404604.jpg
★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2018-06-23 10:41 | 映画 | Comments(0)

A Date for Mad Mary

半年間の服役から戻った暴走娘メアリーは、親友の結婚式でブライズメイドを務めることに。同伴者を探すが、紹介される男性の誰とも上手くいかない。自分らしくいられる相手をついに見つけたものの、一つだけ問題があった。女優のヤスミン・アクラムが書いた一人芝居を原作に、ひとりの女性が真の自分を発見するまでを描く愛すべきコメディ。カルロヴィヴァリ国際映画祭出品。
(映画紹介より)
f0221052_10341158.jpg
★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2018-06-23 10:33 | 映画 | Comments(0)

Casting

ファスビンダーの『ペトラ・フォン・カントの苦い涙』のリメイクに挑戦する女性演出家ヴェラ。オーディションを繰り返すが、撮影初日を前にして主役が決まらない。スタッフの不満が募る一方、名女優たちの相手役を務めるゲルヴィンはチャンス到来を感じ取る。複層的な原作に対応しながら独自の視線を展開していく本作は、権力や欲望に支配された人間関係の深淵に深く切り込む。
(映画紹介より)
f0221052_10383588.jpg
★★★☆

[PR]
by cmonkey3 | 2018-06-20 10:39 | 映画 | Comments(0)

Rudar

2009年、ボスニア人移民のひとりの鉱夫が、スロヴェニアの廃鉱に大量の白骨死体を見つける。それは第二次世界大戦終結直後に行われた虐殺の跡だった。隠蔽された史実の暴露を好まない勢力に攻撃されながらも、彼は犠牲者の尊厳を守ろうとする。実際に旧ユーゴで行われた虐殺とその露見をもとにした物語を、女性監督スラクが、過剰な感傷性を避けつつ濃密に描く。
(映画紹介より)
f0221052_10361514.jpg
★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2018-06-20 10:37 | 映画 | Comments(0)

勝手にふるえてろ

芥川賞作家・綿矢りさによる同名小説の映画化で、恋愛経験のない主人公のOLが2つの恋に悩み暴走する様を、松岡茉優の映画初主演で描くコメディ。OLのヨシカは同期の「ニ」からの突然の告白に「人生で初めて告られた!」とテンションがあがるが、「ニ」との関係にいまいち乗り切れず、中学時代から同級生の「イチ」への思いもいまだに引きずり続けていた。一方的な脳内の片思いとリアルな恋愛の同時進行に、恋愛ド素人のヨシカは「私には彼氏が2人いる」と彼女なりに頭を悩ませていた。そんな中で「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこう」という奇妙な動機から、ありえない嘘をついて同窓会を計画。やがてヨシカとイチの再会の日が訪れるが……。監督は「でーれーガールズ」の大九明子。2017年・第30回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品され、観客賞を受賞した。
(映画紹介より)
f0221052_17033889.jpg
★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2018-06-18 17:03 | 映画 | Comments(0)

彼女がその名を知らない鳥たち

沼田まほかるの人気ミステリー小説を蒼井優、阿部サダヲ主演、「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督で映画化。下品で貧相、金も地位もない15歳上の男・陣治と暮らす十和子は、8年前に別れた黒崎のことを忘れられずにいた。陣治に激しい嫌悪の念を抱きながらも、陣治の稼ぎのみで働きもせずに毎日を送っていた十和子は、黒崎に似た面影を持つ妻子ある水島と関係を持つ。ある日、十和子は家に訪ねてきた刑事から、黒崎が行方不明であることを告げられる。「十和子が幸せならそれでいい」と、日に何度も十和子に電話をかけ、さらには彼女を尾行するなど、異様なまでの執着を見せる陣治。黒崎の失踪に陣治が関係しているのではないかとの疑いを持った十和子は、その危険が水島にまでおよぶのではとないかと戦慄する。
(映画紹介より)
f0221052_17041534.jpg
★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2018-06-18 17:03 | 映画 | Comments(0)

С лице надолу

贋金を国外に持ち出そうとした男がフランス警察から取引きを持ちかけられ、国際的な人身売買組織の捜査に協力。少女の救出と自らの贖罪を重ねる主人公を、『夏物語』(1996)『クリスマス・ストーリー』(2008)『わたしはロランス』(2012)のメルヴィル・プポーが演じる。
(映画紹介より)
f0221052_23362784.jpg
★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2018-06-16 23:36 | 映画 | Comments(0)

Островът

パリに暮らすカップルが、男の故郷であるブルガリアに旅をする。そこで2人が迎える衝撃的な転機が、大胆な実験的手法によって語られる。チリ出身の鬼才監督A・ホドロフスキーも出演。カンヌ映画祭監督週間、シッチェス映画祭ニュー・ビジョンズ部門出品。
(映画紹介より)
f0221052_23340171.jpg
★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2018-06-16 23:33 | 映画 | Comments(0)