浅田飴くうる日記

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ

『舟を編む』などの石井裕也監督が、最果タヒのベストセラー詩集を実写映画化。東京を舞台に、都会で暮らす若者たちの出会いと恋の始まりを映す。夜はガールズバーで働く看護師を、石橋凌と原田美枝子の娘である石橋静河、日雇い労働者の青年を石井監督作『ぼくたちの家族』などに出演してきた池松壮亮が演じる。そのほか市川実日子、松田龍平、田中哲司らが共演。 (映画紹介より)
f0221052_21472612.jpg
★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2018-03-16 21:46 | 映画 | Comments(0)
<< 息の跡 幼な子われらに生まれ >>