浅田飴くうる日記

幼な子われらに生まれ

『恋妻家宮本』など数々の映像化作品がある直木賞作家・重松清の小説を映画化。再婚した中年サラリーマンが、現在の妻とその連れ子、前妻と暮らす実の娘、そして新たに授かった命をめぐり、家族との関係を模索する。主人公に浅野忠信、その妻を田中麗奈が演じるほか、宮藤官九郎、寺島しのぶらが共演。監督を『少女』などの三島有紀子、脚本を『ヴァイブレータ』などの荒井晴彦が担当する。 (映画紹介より)
f0221052_13414124.jpg
★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2018-03-16 13:41 | 映画 | Comments(0)
<< 映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ 3月13日(火) 上州武尊山 >>