浅田飴くうる日記

SUBMARINO

終始モノクロに思えるくらい露出アンダーで撮ることにより主人公達のどうにもならない閉塞感
一部分だけ逆に露出オーバーで弟へ託す少年たちの希望を表現したのだろう
こういった光の使い方がヨーロッパの映画人はとても上手い
f0221052_2254434.jpg

最後まで救いが見出せなくタイトル通り窒息しそうな映画だった
★★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2011-06-30 22:55 | 映画 | Comments(0)
<< PORA UMIERAC 内房ランチタイム >>