浅田飴くうる日記

<   2016年 02月 ( 39 )   > この月の画像一覧

UN HOMBRE DE ÉXITO

1986(ICAIC)(監・脚)ウンベルト・ソラス(脚)ファン・イグレシアス(撮)リビオ・デルガード(美)デルビン・ハコメ(音)ルイジ・ノーノ(出)セサール・エボラ、デイジー・グラナドス、ルベンス・デ・ファルコ、ホルヘ・トリンチェト、マベル・ロチェ、ラケル・レブエルタ
1930年代から革命期まで、時代ごとの権力者に取り入りしたたかに生き抜いたプレイボーイの生き様を痛烈に皮肉ったドラマ。イタリアの作曲家ルイジ・ノーノが参加、他にも革命前のキューバ音楽、マンボやプレスリーのナンバーまで取り入れた音楽構成も魅力で、ソラス監督の円熟を示した。
(映画紹介より)
f0221052_21184810.jpg

★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2016-02-28 21:19 | 映画 | Comments(0)

HISTORIAS DE LA REVOLUCIÓN

1960(ICAIC)(監・脚)トマス・グティエレス・アレア(脚)ホセ・エルナンデス、ウンベルト・アレナル(撮)オテロ・マルテッリ、セルヒオ・ベハル(音)カルロス・ファリーニャス、レオ・ブローウェルほか(出)エドゥアルド・モウレ、リリアン・ジェレーナ、フランシスコ・ラゴ、ミリアム・ゴメス、カリスト・マレーロ、ブラス・モラ
革命軍の戦闘を「負傷者」「反乱者たち」「サンタ・クララの戦い」の三挿話にまとめた硬質のセミ・ドキュメントで、新政権誕生後初の長篇。ローマの映画実験センターでネオレアリズモ映画に学んだアレアたちは『戦火のかなた』の名撮影監督マルテッリを招いた(第1・2話)。
(映画紹介より)
f0221052_21145146.jpg

★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2016-02-28 21:15 | 映画 | Comments(0)

ESTA TIERRA NUESTRA

1959(軍映画局)(監・脚)トマス・グティエレス・アレア(脚)フリオ・ガルシア・エスピノーサ(撮)ホルヘ・エレーラ(音)ファン・ブランコ(解)フランシスコ・フォルカデ
農民が初めて自分の耕地を得て新しい村の建設を志す。革命最初期の記録映画で、アレアやエスピノーサらは並行して映画芸術産業庁(ICAIC)の設立に携わった。
(映画紹介より)
f0221052_211210100.jpg

★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2016-02-28 21:12 | 映画 | Comments(0)

EL MÉGANO

1955(監・脚)フリオ・ガルシア・エスピノーサ、トマス・グティエレス・アレア(脚)アルフレード・ゲバラ、ホセ・マシップ
沼地で木炭を採取する労働者の悲惨な生活を捉え、バチスタ政権から上映を禁止されたセミ・ドキュメント映画。ブニュエル『糧なき土地』の系譜にも連なる、革命キューバ映画の二人の建設者の共同作品。
(映画紹介より)
f0221052_2183460.jpg

★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2016-02-28 21:09 | 映画 | Comments(0)

からゆきさん

明治から大正にかけて東南アジアへ売春婦として売られた“からゆきさん”。その生き残りである善道菊代をマレーシアに訪ねたテレビドキュメンタリー。彼女の数奇な運命と、“からゆきさん”にならざるを得なかった過去、そして女たちを犠牲にしての外国進出という国家の政策が顕わになっていく。
(映画紹介より)
f0221052_2132821.jpg

★★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2016-02-28 21:04 | 映画 | Comments(0)

火宅の人

旅と女を愛した放浪の人生を描いた檀一雄の自伝的小説を映画化。衝動に任せて愛人を作り、その私生活を赤裸々に書いて稼ぐという、逞しくも無茶苦茶な男のドタバタ人生を、深作欣二が骨太な演出で描く。ダメ男を愛してしまう女たちを演じる女優陣も魅力的。
(映画紹介より)
f0221052_23070081.jpg

★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2016-02-27 23:06 | 映画 | Comments(0)

闘将!?拉麺男

オオゼキの意志を継いで…
f0221052_23060487.jpg

京橋B 辛味塩油そば500円
土日祝日価格、辛味じゃないほうが美味しいかも
★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2016-02-27 23:05 | ラーメン | Comments(0)

LUCÍA

1968(ICAIC)(監・脚)ウンベルト・ソラス(脚)フリオ・ガルシア・エスピノーサ、ネルソン・ロドリゲス(撮)ホルヘ・エレーラ(美)ペドロ・ガルシア・エスピノーサ(音)レオ・ブローウェル(出)ラケル・レブエルタ、エスリンダ・ヌニェス、アデーラ・レグラ、エドゥアルド・モウレ、ラモン・ブリト、アドルフォ・ジャウラード
スペイン植民地だった1895年、アメリカ支配が強まる1932年、そして革命の1960年代という三つの時代を生きた三人の“ルシア”を通して、キューバ女性の愛と自立を謳ったオムニバス巨篇。26歳のソラスによる時に荒々しく時にロマンティックな演出が鮮烈。
(映画紹介より)
f0221052_23051579.jpg

★★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2016-02-27 23:04 | 映画 | Comments(0)

闘将!?拉麺男

オオゼキの意志を継いで…
f0221052_13205258.jpg

市ヶ谷O ラーメン大盛800円
時々ここのどろりとした辛味噌ラーメンが食べたくなる
並びが数名でも席数が少なく麺のボリュームがあるため回転がものすごく悪い
この日前にいたのは3名だったが並んでから食べるまでに40分以上かかった
★★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2016-02-27 13:20 | ラーメン | Comments(0)

CATHEDORALS OF CULTURE

ヴィム・ヴェンダース製作総指揮!
ヴェンダース、レッドフォードを含む6人の監督が、
思い入れのある建築物の心の声を描き出す、オムニバス・ドキュメンタリー。

もし建物が話せたら、私たちにどのような言葉を語り掛けるのだろうか。 建物は文化を反映しており、社会を映し出す鏡でもある。一昔前、欧米ではその街を代表する建物は教会であり、教会を見ることによってその街の文化も人々の暮らしも垣間見えた。現代におけるその街を象徴する建物とは?世界の名監督6人がそれぞれの街で人々と思い出を共有する、思い出の詰まった文化的建物のストーリーを描き出す。
(映画紹介より)
f0221052_12561717.jpg

★★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2016-02-25 12:55 | 映画 | Comments(0)