浅田飴くうる日記

<   2015年 11月 ( 60 )   > この月の画像一覧

闘将!?拉麺男

オオゼキの意志を継いで…
f0221052_22025386.jpg

渋谷R カレーラーメン900円
前回酢橘ラーメンが美味しかったので再訪してみたがカレーはイマイチだった
二郎系で並盛でもかなり量が多く、出るときには食いしん坊たちの行列が出来ていた
★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2015-11-30 22:02 | ラーメン | Comments(0)

RESTREPO・KORENGAL

2007年5月~2008年8月、アメリカ陸軍第173空挺旅団戦闘団が、アフガニスタン東部に分散配置された。その最激戦地コレンガル渓谷で任務に就く小隊に約1年間、従軍して撮影されたのが本作である。監督は、英国人戦場カメラマンのティム・ヘザリントンと、米国人戦場記者のセバスチャン・ユンガー。
当初、渓谷中腹の基地に駐留していた兵士たちは、1日数十回にものぼるタリバン側からの銃撃を避けるため、敵が攻撃拠点にしていた尾根に、新たな「レストレポ前哨基地」を完成させる。「レストレポ」は、配置早々に犠牲になった20歳の兵士の名前だ。
兵士たちと行動を共にするカメラは、銃撃戦や現地の人々との交流、仲間との日常を克明に映し出し、観客はアフガン最前線に放り込まれたような錯覚に陥る。
パート1が2010年に全米公開されて間もなく、ティム・ヘザリントンがリビア内戦を取材中に被弾し落命した。その3年後の2014年、セバスチャン・ユンガーはパート1の未使用シーンからパート2を一人で完成させた。
パート1は、観客に戦争を体感させるべく戦闘シーンに比重が置かれていたが、パート2は兵士たちの内面により深く迫った構成で、戦争とはいかに機能し、そこで戦う若者たちに何をもたらすのかを問いかける。
(映画紹介より)
f0221052_19305304.jpg

★★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2015-11-30 19:30 | 映画 | Comments(0)

EL BOTON DE NACAR

水には記憶があるという。ならば、私たちは失われた者の声を聞くことができるのだろうか。さまよえる魂たちも、安らげるのだろうか。
全長4300キロ以上に及ぶチリの長い海岸線。その海の起源はビッグバンのはるか昔まで遡る。そして海は人類の歴史をも記憶している。チリ、西パタゴニアの海底でボタンが発見された。--そのボタンは政治犯として殺された人々や、祖国と自由を奪われたパタゴニアの先住民の声を我々に伝える。火山や山脈、氷河など、チリの超自然的ともいえる絶景の中で流されてきた多くの血、その歴史を、海の底のボタンがつまびらかにしていく。
2015年ベルリン国際映画祭 銀熊賞脚本賞受賞、2015年山形国際ドキュメンタリー映画祭インターナショナル・コンペティション部門出品作品。
(映画紹介より) 
f0221052_14561735.jpg

★★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2015-11-30 14:55 | 映画 | Comments(0)

NOSTALGIA DE LA LUZ

世界中から天文学者たちが集まる一方、独裁政権下で政治犯として捕らわれた人々の遺体が埋まっている場所でもあるチリ・アタカマ砂漠を映し出すドキュメンタリー。監督・脚本は、チリの歴史を描き続けるパトリシオ・グスマン。撮影は「かつて、ノルマンディーで」のカテル・ジアン。2011年山形国際ドキュメンタリー映画祭で「光、ノスタルジア」のタイトルで上映され最優秀賞を受賞。
(映画紹介より)
f0221052_14350591.jpg

★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2015-11-30 14:34 | 映画 | Comments(0)

EL BOTÓN DE NÁCAR

チリ、西パタゴニアの海底で発見されたボタンから、先住民大量虐殺やピノチェト独裁政権下で殺された犠牲者たちの歴史を紐解くドキュメンタリー。監督・脚本は、チリの歴史を描き続けるパトリシオ・グスマン。撮影は「かつて、ノルマンディーで」のカテル・ジアン。2015年ベルリン国際映画祭銀熊賞脚本賞受賞。2015年山形国際ドキュメンタリー映画祭インターナショナル・コンペティション部門出品作品。
(映画紹介より)
f0221052_14340673.jpg

★★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2015-11-30 14:33 | 映画 | Comments(0)

隠し砦の三悪人(再鑑賞)

『スターウォーズ』の元ネタとして余りにも有名な黒澤明の傑作痛快活劇。敗軍の将が、雪姫と黄金とともに敵陣を突破する! 次々に襲う絶体絶命の危機、三船渾身の殺陣と馬上一騎打ち、C-3PO、R2-D2のモデルとなった藤原釜足と千秋実のオトボケ百姓コンビ、庶民の生活を知り大人になっていく雪姫(『ローマの休日』)と、見どころ満載!!
(映画紹介より)
f0221052_20144219.jpg

★★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2015-11-29 20:14 | 映画 | Comments(0)

南の風と波

貧しい中で助け合って暮らしてきた漁村の人々が、遭難事故で家族を失い…。実際に四国で起きた漁船遭難事件をもとに描いた橋本忍監督第二作。遭難した船の乗組員の家族たちの淡々とした日常の描写が、事故という悲劇を際立たせる。ベテラン役者たちのいぶし銀の演技が楽しめる人間ドラマの秀作。
(映画紹介より)
f0221052_19121582.jpg

★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2015-11-29 19:11 | 映画 | Comments(0)

東京夜曲

市川準監督による大人のラブ・ストーリー。東京の一隅にある“上宿商店街”に浜中(長塚)が帰ってきた。浜中は数年前に父母と妻・久子(倍賞)、息子の寛を残して家を飛び出していったのだった。商店街の人たちは溜まり場にしているたみ(桃井)の店“喫茶大沢”で噂話に花を咲かせる。浜中は父が経営する“浜中電気”で何事もなかったかのように働き始める。街の青年・朝倉は久子に密かに思いを寄せていて、そんな浜中に反発を感じ、浜中と久子の過去を調べ始める……。
(映画紹介より)
f0221052_19101425.jpg

★★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2015-11-29 19:09 | 映画 | Comments(0)

東京兄妹

都電が今も走る、古きよき東京のたたずまいを残した街に、二人きりで暮らす兄妹の日常風景をスケッチ風につづった作品。両親を亡くし、兄一人妹一人で暮らしている日暮兄妹。兄・健一は古本屋に勤め、妹・洋子は高校卒業後、駅前の写真ラボ屋で働いている。兄は家計を支え、妹は家事一切と兄の面倒をみていた。そんな妹を残し、ひとり結婚することにためらいを抱く健一に、恋人の桂子は愛想をつかしてしまう。一方、妹は兄の友人と交際を始める……。
(映画紹介より)
f0221052_17375621.jpg

★★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2015-11-29 17:37 | 映画 | Comments(0)

今日の一杯

実際には五杯だったが…このあと食べたおでんも美味しかった
f0221052_23454701.jpg

[PR]
by cmonkey3 | 2015-11-28 23:45 | | Comments(0)