浅田飴くうる日記

<   2015年 09月 ( 54 )   > この月の画像一覧

LOVE & MERCY

「サーフィン・U.S.A.」、「素敵じゃないか」、「グッド・ヴァイブレーション」──誕生から半世紀を経た今も、時代を超えて愛され続ける名曲を生み出した、ザ・ビーチ・ボーイズの中心的存在ブライアン・ウィルソン。なかでも発表当時は斬新すぎてファンや評論家を戸惑わせた「ペット・サウンズ」が、現在ではポピュラーミュージック史上不世出の傑作と称えられ、ポール・マッカートニー、山下達郎、村上春樹も絶賛したというのも有名な逸話だ。だが、それらの曲を作っていた時、ブライアン自身は苦悩に引き裂かれ、極限まで壊れていた。いったい何がそこまで彼を追いつめたのか?それでもなお天使の歌のごとき美しいメロディーが生まれた理由とは?数々の名曲が彩るブライアン・ウィルソンの衝撃の半生が、本人公認のもと、初の映画化!
(映画紹介より)
f0221052_22352840.jpg

★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2015-09-28 22:35 | 映画 | Comments(0)

超月

f0221052_19433632.jpg

[PR]
by cmonkey3 | 2015-09-28 19:43 | ライフ | Comments(0)

闘将!?拉麺男

オオゼキの意志を継いで…
f0221052_19133772.jpg

渋谷R ラーメン(ポン酢味)820円
見て分かるように二郎系ではあるがポン酢味というのが珍しい
こってりしたスープをうまい具合に中和しさっぱりと戴けるのが嬉しい
ちなみに醤油味、塩味、カレー味などもある
もやしに埋もれて見えないが1cm程度の厚さのチャーシューが乗っている
これは普通盛だが麺の量は300g
極私的感想★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2015-09-28 19:12 | ラーメン | Comments(0)

GOD HELP THE GIRL

スコットランドを代表するバンドで、日本でも2010年フジロック最終日のホワイト・ステージで大トリをつとめる程の人気を誇る、ベル・アンド・セバスチャンのフロントマン、スチュアート・マードックが、自身のソロ・アルバムを自ら脚本・監督を担当し、映画化!
孤独な病院生活から、恋と音楽を通して世界に飛び出してゆく少女イヴを演じるのは、『エンジェル・ウォーズ』のエミリー・ブラウニング。イヴに出会い、音楽仲間となって密かにイヴに恋する少年を繊細に演じたのは俳優であり、人気バンド イヤーズ&イヤーズのフロントマンでもあるオリー・アレクサンデル。プロデューサーには『ブライズメイズ』『ローラーガールズ・ダイアリー』や『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』も
手掛けたバリー・メンデル。
(映画紹介より)
f0221052_18463124.jpg

★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2015-09-28 18:45 | 映画 | Comments(0)

ドッペルゲンガー

研究に行き詰った科学者・早崎の前に現れたドッペルゲンガーは本人と違って有能で、その後の早崎の人生は思いがけない方向へ…。ホラー風味のブラックコメディであり自分探し映画でもある、黒沢版『ファイトクラブ』。
(映画紹介より)
f0221052_18445037.jpg

★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2015-09-28 18:44 | 映画 | Comments(0)

LOFT

東京郊外の洋館に滞在するスランプぎみの作家・礼子は、向かいの不気味な建物に出入りする男に気づくが…。ミイラを巡る古典的怪奇映画か、豊悦と中谷美紀のラブコメか。観る者を混乱させる黒沢清史上最凶の問題作!?
(映画紹介より)
f0221052_18432545.jpeg

★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2015-09-28 18:42 | 映画 | Comments(0)

首相官邸の前で

2012年夏、東京。約20万の人びとが、首相官邸前を埋めた。NYの「ウォール街占拠」の翌年、香港の「雨傘革命」の2年前のことだった。
しかしこの運動は、その全貌が報道されることも、世界に知られることもなかった。
人びとが集まったのは、福島第一原発事故後の、原発政策に抗議するためだった。事故前はまったく別々の立場にいた8人が、危機と変転を経て、やがて首相官邸前という一つの場につどう。彼らに唯一共通していた言葉は、「脱原発」と「民主主義の危機」だった──。
はたして、民主主義の再建は可能なのか。現代日本に実在した、希望の瞬間の歴史を記録。
(映画紹介より)
f0221052_12503094.jpg

★★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2015-09-28 12:50 | 映画 | Comments(0)

UNE NOUVELLE AMIE

『スイミング・プール』『危険なプロット』などのフランソワ・オゾン監督が、偽りなき自分を受け入れ自分らしく人生を歩む勇気を問い掛けるドラマ。親友の死をきっかけにその夫の秘密を知った平凡な主婦が、奇妙な友情を育む中で人生を輝かせていくさまを描く。主人公を演じるのは、『間奏曲はパリで』などのアナイス・ドゥムースティエ。彼女の友達を『真夜中のピアニスト』などのロマン・デュリスが演じるほか、『黒いスーツを着た男』などのラファエル・ペルソナーズらが共演。
(映画紹介より)
f0221052_21132728.jpg

悪くはないがオゾン監督作品としては期待外れ
★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2015-09-27 21:13 | 映画 | Comments(0)

龍三と七人の子分たち

数多くの個性的な作品を世に送り出してきた北野武監督が、ユニークかつ異色の設定で放つコメディータッチのドラマ。オレオレ詐欺の被害者となって憤慨する元ヤクザの組長が子分を引き連れ、孫のような若さの首謀者たちを成敗していく。藤竜也、近藤正臣、中尾彬らベテランや実力派俳優たちが世直しに息巻く血気盛んなヤクザを快演する。高齢化社会や詐欺犯罪といった社会問題を巧みに盛り込んだストーリーに加え、バスの暴走などハードなアクションも見もの。
(映画紹介より)
f0221052_16541734.jpg

★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2015-09-27 16:53 | 映画 | Comments(0)

駆込み女と駆出し男

劇作家・井上ひさしが晩年に11年をかけて執筆した時代小説「東慶寺花だより」を映画化。江戸時代に幕府公認の縁切寺であった東慶寺を舞台に、離縁を求めて寺に駆け込んでくる女たちの聞き取り調査を行う御用宿の居候が、さまざまなトラブルに巻き込まれながら訳あり女たちの再出発を手助けしていくさまを描く。『クライマーズ・ハイ』、『わが母の記』などの原田眞人監督がメガホンを取り、主演は大泉洋。寺に駆け込む女たちを、『SPEC』シリーズなどの戸田恵梨香、実力派の満島ひかりらが演じる。
(映画紹介より)
f0221052_14473026.jpg

★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2015-09-27 14:46 | 映画 | Comments(0)