浅田飴くうる日記

<   2014年 06月 ( 80 )   > この月の画像一覧

激突!殺人拳

1973年の千葉真一主演映画『ボディガード牙シリーズ』に続く格闘をモチーフとし、空手・拳法の達人で非情なプロフェショナルの活躍を描いた物語。ヤクザ映画が下火になっていた東映にとって久々の大ヒットをとばした作品で、当時の欧米では空手とカンフーを区別する認識はなく、“ 空手 = ブルース・リー ”から“ 空手 = 千葉真一 ”へ変わる転機と一大ブームを巻き起こした。大山倍達は「本職の空手家もSonny Chiba (サニー千葉)の空手は本物と評価してる」と述べ、それが定着していくこととなる。
剛柔流の山口剛玄と日本正武館の鈴木正文が協力していることから、随所に剛柔流の型が観られ、敵役の志堅原楯城には千葉真一の推薦により、剛柔流八段・極真空手七段である石橋雅史がキャスティングされた。千葉にとって石橋は、極真会館の前身である大山道場の先輩にあたる。監督・小沢茂弘や千葉らの要望で、石橋は格闘シーンに全て立ち会うなど、スタッフとしても貢献している。千葉は役作りの一つでフィールドジャケット・M65 を着用するなど、ファッションからも非情なプロフェッショナルを表現した。千葉の熱狂的ファンであるクエンティン・タランティーノが脚本を手がけたアメリカ映画『トゥルー・ロマンス』には主人公が『激突! 殺人拳』を映画館で観ているシーンがあり、英国放送協会のドキュメンタリー番組である『Japanorama 』では2007年4月9日放送の「Densetsu (Legends )」(伝説)をテーマにした回で千葉と共に本作の特集が組まれるなど、後々にも影響が及んでいる。2006年12月8日にDVDが東映ビデオから販売された。
(wikipediaより引用)
f0221052_22294186.jpg

カルト映画の範疇、意外とエグイ
★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2014-06-30 22:29 | 映画 | Comments(0)

網走番外地 北海篇

『網走番外地』シリーズの第4作。主人公・橘真一が走らせるトラックに乗り込む男女達の悲喜劇を串団子方式に見せ場の連続で描く。ジョン・フォード監督『駅馬車』をベースとしている。石井輝男は後のインタビューで、伏線がキッチリと張られた大家のシナリオよりどこに行ってしまうか分からないシナリオのが好み、と語っており、当作品は典型的プログラムピクチャーでありながら石井の個性と嗜好があらわれている。
(この作品に限らず網走番外地シリーズにいえる事だが)主人公の橘は軽口を叩いてヘラヘラしていても、時としては真面目で強い芯を持っている事を示し、高倉健のフットワークの軽さが光る。そして新東宝時代からの石井作品の常連・嵐寛寿郎演ずる鬼寅をはじめ、田中邦衛・杉浦直樹・由利徹といった定番の脇役も、高倉を食ってしまうほど個性が光り、大原麗子は石井作品での特徴的な勝気な女性キャラクターを演じている。
(Wikipediaより引用)
f0221052_20515811.jpg

大原麗子可愛い!
★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2014-06-30 20:51 | 映画 | Comments(0)

LES VACANCES DE MONSIEUR HULOT

「ぼくの伯父さん」以前の作品(長篇第二作)で、タチの商標であるユロ氏初登場の作品だが、日本では紹介の順番が逆になり、従ってここでは“誰の伯父さんでもない”にも関わらず、この題名となった。誰もが海へと繰り出すヴァカンス時、汽車もバスもスシ詰めで旅行客を運ぶ。我らがユロ氏もまた小さなボロ車で海辺を目指す。リゾート・ホテルに集まった宿泊客の生活の軽いスケッチをつみ重ねてくすりと笑わす術は巧み。
(Yahoo!映画紹介より抜粋)
f0221052_18195024.jpg

ジャック・タチらしさが存分に出た映画、まずはこれを観るべき
同時上映に『左側に気をつけろ』、『ぼくのおじさんの授業』の短編2本
★★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2014-06-30 18:19 | 映画 | Comments(0)

SUR LE CHEMIN DE L'ECOLE

『MASAI マサイ』のパスカル・プリッソンが監督を担当し、四つの異なる地域で長時間かけて通学する子どもたちの姿を追ったドキュメンタリー。学校で勉強するため、それぞれ何十キロもの困難な道のりをひたすら進む児童たちの日常を追い掛ける。登場するのは、ケニアをはじめ、それぞれの地域の個性豊かな子どもたち。将来の夢をキラキラとした瞳で語る彼らの純粋さとひたむきにほだされる。
(Yahoo!映画紹介より抜粋)
f0221052_18161425.jpg

それなりに面白いがヤラセ感が気になった
★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2014-06-30 18:16 | 映画 | Comments(0)

dビデオ通信44

f0221052_21501742.jpg

運動靴と赤い金魚 ★★★☆ 一生懸命走る子供、シンプルだが心打たれる
言の葉の庭 ★★★ アニメーション技術はかなりのものだと思うが心震えず
アモーレス・ペロス ★★★★ 文句なしの傑作、スクリーンで観たい
π パイ ★★★☆ 数学的なことはわからないが『鉄男』を思わせる世界観は好み
荒川アンダーザブリッジ ★★★★ 桐谷美鈴の金星人役に心奪われた、マジで
[PR]
by cmonkey3 | 2014-06-29 21:57 | 映画 | Comments(0)

劇場版 テレクラキャノンボール2013

人気アダルトビデオシリーズ「テレクラキャノンボール」の劇場版。バクシーシ山下、ビーバップみのる、タートル今田をはじめとするAV監督たちが、バイクや車で東京から札幌に向けたレースを繰り広げつつ、各地でゲットした素人女性の数を競い合う。メガホンを取るのは、シリーズの生みの親にして出演もしているカンパニー松尾。優勝者へのご褒美として、AV女優の神谷まゆ、新山かえでが共演。不純なレースながらも、笑いあり、お色気ありのドラマチックな展開にグイグイと引き込まれる。
(Yahoo!映画紹介より抜粋)
f0221052_2335409.jpg

「ヤルかヤラナイかの人生なら、俺はヤル人生を選ぶ」(映画紹介コピー)
★★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2014-06-28 23:35 | 映画 | Comments(0)

ランチ

カレイの唐揚と生マグロ焙り刺し定食1100円
f0221052_23303253.jpg

[PR]
by cmonkey3 | 2014-06-28 23:30 | | Comments(0)

6月28日(土) 葉山長者ヶ崎~逗子大崎 往復

f0221052_23313068.jpg

[PR]
by cmonkey3 | 2014-06-28 11:31 | | Comments(0)

座頭市

その日、訳ありの三組が同じ宿場町にやってきた。一人は金髪で朱塗りの杖を持ち、盲目の居合いの達人・座頭市。もう一組は浪人の服部源之助とその妻おしの。殿様の師範代という身分を捨てた服部は、病気を患う妻のために用心棒の職を探していた。さらにもう一組、旅芸者のおきぬとおせいの姉妹。彼女たちの三味線には人を殺めるための仕掛けが施されていた。それぞれに影を秘めた三者の皮肉な運命の糸は、町を仕切るヤクザの親分・銀蔵と大店の主人・扇屋を介してついに交錯、やがて因縁や怨恨の入り交じる壮絶な闘いが幕を開ける。
(Yahoo!映画紹介より抜粋)
f0221052_5392646.jpg

テレビ?で観たときは面白かったが昔の日本映画と比較すると…
和製タランティーノもどき
★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2014-06-28 05:39 | 映画 | Comments(0)

雨あがる

故・黒澤明監督が山本周五郎の短編をもとに書いた遺稿を、黒澤組のスタッフたちが映画化。剣の達人でありながら人の良さが災いし、思うように仕官になれない浪人をユーモラスに描く。堅苦しくなく、見終わった後に爽快な気分になれる良質の時代劇。お人好しの浪人を寺尾聰が好演。宮崎美子、三船史郎、吉岡秀隆、原田美枝子、仲代達矢共演。享保の時代。浪人の三沢伊兵衛とその妻は、長雨のため安宿に居を構えた。ある日、若侍の諍いを難なく仲裁した三沢は、通りかかった藩主・永井和泉守に見そめられ城に招かれる。三沢が剣豪であることを知った和泉守は、彼を藩の剣術指南番に迎えようとするが…
(Yahoo!映画紹介より抜粋)
f0221052_2561630.jpg

タイトルそのままの爽やかな映画、良作
★★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2014-06-28 02:56 | 映画 | Comments(0)