浅田飴くうる日記

<   2014年 05月 ( 82 )   > この月の画像一覧

Хрусталёв, машину!

スターリン体制下の厳しい現実を生き抜いた人々の姿を強烈なタッチで活写した群像劇。監督・脚本は「わが友イワン・ラプシン」のアレクセイ・ゲルマン。撮影はウラジーミル・イリネ。音楽はアンドレイ・ペトロフ。出演は「わが友イワン・ラプシン」のニーナ・ルスラノヴァ、ユーリー・ツリロほか。
(映画紹介より抜粋)
f0221052_1625566.jpg

「何が何だかわからないが、 すごいパワーだ」 M・スコセッシ
★★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2014-05-31 16:02 | 映画 | Comments(0)

運命じゃない人

5つの物語がパラレルに進行する新感覚ラブストーリー。監督は本作が劇場用長編デビュー作となる内田けんじ。主演は『恋は五・七・五!』の中村靖日。芯の強さを隠した桑田真紀役にテレビを中心に活躍している霧島れいか、熱い男の友情を見せる神田勇介に『ハッシュ!』の山中聡がふんしている。2005年カンヌ国際映画祭批評家週間へ出品されたことでも話題になった作品。
(Yahoo!映画紹介より抜粋)
f0221052_5312868.jpg

『エレファント』のようなパラレルストーリーあるいは『恋の渦』
★★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2014-05-31 05:31 | 映画 | Comments(0)

博士の愛した数式

50万部を超えるベストセラー小説を原作に、『雨あがる』『阿弥陀堂だより』の小泉堯史監督が映画化した感動のヒューマンドラマ。交通事故で記憶が80分しか続かない天才数学者の主人公を、小泉監督と3度目のコンビとなる寺尾聰が静かに力強く熱演。彼の世話をする家政婦に深津絵里、彼女の10歳の息子に子役の齋藤隆成。家族にも似た関係性の中で人を愛することの尊さを問いかける。彼らの心の機微を美しく切り取る映像美も味わい深い。
(Yahoo!映画紹介より抜粋)
f0221052_31383.jpg

集中力が続かず自分の中にとりこむことはできなかったが良い映画だと思う
機会があればもう一度観てみたい
★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2014-05-31 03:13 | 映画 | Comments(0)

ラヂオの時間

「警部補 古畑任三郎」などで知られる人気脚本家、三谷幸喜初監督によるコメディ映画。三谷幸喜がかつて主宰していた劇団「東京サンシャインボーイズ」の同名劇をもとに、ラジオ局内で繰り広げられるドタバタ劇をコミカルに描く。スピーディなカメラワークやストーリー展開、ツボを突いた笑いなど、才人・三谷幸喜の冴えた手腕が見どころ。唐沢寿明、鈴木京香、西村邦彦共演。
生放送のラジオドラマを控え、緊張気味のスタジオ。初めて書いた脚本が採用された主婦のみやこも、直前のリハーサルを見学していた。そんな中、突然主演の人気女優が設定を変えたいと文句を言い始める。困り果てたプロデューサーは、みやこに脚本の書き直しを依頼。だが他の出演者も口々に不満を漏らしはじめ、メロドラマだった物語は次第にアクションへと変貌してゆく。
(Yahoo!映画紹介より抜粋)
f0221052_0575420.jpg

ビデオでは観ている、面白いと思うが映画館でみるイニシアチブは感じられない
★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2014-05-31 00:57 | 映画 | Comments(0)

ESCAPE PLAN

シルヴェスター・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガーの二大アクション俳優が共演し、洋上にあるタンカー型監獄からの脱獄を描いたサスペンスアクション。すご腕のセキュリティーコンサルタントであり、自らが設計した巨大監獄からの脱出を企てる男をスタローンが、彼の前に立ちはだかる囚人のボスをシュワルツェネッガーが演じる。メガホンを取るのは、『シャンハイ』などのミカエル・ハフストローム。敵か味方か明かされていない二人の関係の真相や、年齢を感じさせない怒とうのアクションが見どころ。
(Yahoo!映画紹介より抜粋)
f0221052_22533770.jpg

テーマは面白いがアラが目立ちすぎる、二人の競演には評価
★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2014-05-30 22:53 | 映画 | Comments(0)

MACHETE KILLS

鬼才ロバート・ロドリゲスと個性派俳優ダニー・トレホがタッグを組んだ、バイオレンスアクションの第2弾。メキシコ最凶の悪人と世界屈指の武器商人を相手に、大型ナイフの名手である元捜査官マチェーテが世界存亡の危機も絡んだ戦いに挑む。ミシェル・ロドリゲスやジェシカ・アルバをはじめとする前作のメンバーに加え、レディー・ガガ、メル・ギブソン、カルロス・エステベスことチャーリー・シーンといった豪華な面々が新参加。奇怪なキャラにふんした彼らの怪演に加え、破天荒を極めた見せ場も盛りだくさん。
(Yahoo!映画紹介より抜粋)
f0221052_22521782.jpg

このセンスは大好物なのだが前作を観てないせいかもうひとつであった
★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2014-05-30 22:52 | 映画 | Comments(0)

dビデオ通信39

f0221052_7162816.jpg

ヨコハマBJブルース ★★★☆ 『野獣死すべし』直後の松田優作が見れるだけでもGood!
オペラ座の怪人 ★★★☆ ミュージカル映画の大作、映画館で観たらさらに良かっただろう
初恋 ★★★☆ 宮崎あおい、女子高生役が可愛らしい
ツレがうつになりまして ★★★☆ 宮崎あおい、若妻役も可愛らしい
アキハバラ@DEEP ★★★ フィクションなのに現実に追いついてない感じ
[PR]
by cmonkey3 | 2014-05-30 07:16 | 映画 | Comments(0)

恋の画集

お金がなくて恋人の登美江と結婚できないノーブル化粧品のセールスマン・泰二。偶然に不倫カップルの写真を撮った泰二は、ある計画を思いつき…。あらぬ方向に話は転がって、大混乱につぐ大混乱!紙芝居風のオープニングや、“ノーブル化粧品”のCMソングが挿入される趣向も洒落ている、和製ソフィスティケイテッド・コメディの傑作。
(映画紹介より抜粋)
f0221052_1442992.jpg

★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2014-05-29 14:43 | 映画 | Comments(0)

男なら振りむくな

世界一を目指すオートライダーの健介と三次は、偶然に財閥の跡取り娘・杏子と知り合う。そんなある日、世界選手権を控えた健介の愛車が致命的な故障を起こし…。石原慎太郎の原作を、橋幸夫、田村正和、加賀まり子を迎えて映画化。オートバイ、友情、そして恋という典型的テーマの青春映画。
(映画紹介より抜粋)
f0221052_145166.jpg

おままごとみたいな映画だが、意外にそれがツボ
渥美清は寅さんそのまま
★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2014-05-29 14:05 | 映画 | Comments(0)

パンドラの約束

なぜ彼らは原発を肯定するのか?地球環境保護論者たちの視点とは?
サンダンス映画祭で論争を巻き起こした注目のドキュメンタリーこの、ロバートストーン監督による映画は、まさに“パンドラの箱”を開けてしまった時のように、エネルギーを考えるあらゆる立場の人々にとって衝撃的な内容を持っている。フクシマ事故は、原子力の安全神話を完全に破壊してしまった。しかし、もしその観念が間違っているとしたら?……観客は、我々が恐れている原子力というテクノロジーこそが、地球を気候変動から守ってくれること、そして途上国に住む何十億人もの人々を貧困から救うということを目撃することになるだろう。
この映画でストーン監督は、自分自身の環境保護論者としての日々と、映画出演によってキャリアと評判が失墜するリスクを負ってまで“転換”を述べる元・反原発主義者たちを、力強く描写している。また、スチュアート・ブランドを始めとする数多くの環境活動家を紹介するなかで、環境保護論者によくある議論の弱点を追求している。この映画こそ、環境保護を考える際に陥りがちな感情面が優先した賛否論を、合理的・科学的な議論へと転換するための金字塔となるはずである。
(映画紹介より抜粋)
f0221052_232295.jpg

反原発へのアンチテーゼ、時々こういうのも観ないと見方が偏るものだな
★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2014-05-28 23:02 | 映画 | Comments(0)