浅田飴くうる日記

<   2013年 11月 ( 120 )   > この月の画像一覧

dビデオ通信11

全部邦画
f0221052_6222777.jpg

気球クラブ ★★☆ 青春群像劇、陰に園子音的な悪意があると思ったらそうでもない
台風クラブ ★★★☆ リアルタイムで観ていたら衝撃ものだったろう青春映画の傑作
月はどっちに出ている ★★★ ある時代を感じさせる、ルビー・モレノが懐かしい
誰も知らない ★★★ 1988年の巣鴨子供おきざり事件がモデル、子供達の演技が自然
川の底からこんにちは ★★★ 満島ひかりのビールの飲みっぷりがツボ
[PR]
by cmonkey3 | 2013-11-28 20:21 | 映画 | Comments(0)

砂をつかんで立ち上がれ

短編映画『嘘々実実』で初メガホンを取った新鋭藤澤浩和が監督を務め、新作映画の撮影現場で繰り広げられる驚きのてん末を描く人間ドラマ。憧れの監督の新作に出演して奮起する俳優と、逆に作品をボツにしようと画策する監督の温度差をユーモアを交えて映し出す。ダメ役者を、舞台などで活躍する依田哲哉が演じ、監督を『藁の楯 わらのたて』などの仁科貴が熱演。映画の世界の内幕をさらした意外な展開に目を丸くする。(Yahoo!映画紹介より抜粋)

ストーリーは平凡だが主演俳優の力で昇華したような作品
上映後の監督とのトークも息があっていて面白かった
f0221052_22171340.jpg

★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2013-11-27 22:17 | 映画 | Comments(0)

A Selection of Lois Weber Films

ロイス・ウェバー(Lois Weber, 1881年6月13日 - 1939年11月13日)は、アメリカ合衆国の女優、映画監督、脚本家、映画プロデューサーである。1914年(大正3年)に監督作『ヴェニスの商人』を発表、初めて長篇劇映画を演出した女性監督として知られる。(Wikipediaより抜粋)

FALSE COLOURS
俳優(スモーリー)が、妻の死後家政婦と一緒になり、娘を捨てるが後悔に苛まれる。家政婦とその息子に騙されかけた父親は、同じく俳優となった実の娘(カー)と再会を果たす。全5巻中途中の約2巻が現存。

SUNSHINE MOLLY
油田近くの下宿屋で給仕となったモリー(ウェバー)に、不器用なブル(スモーリー)が惹かれる。一方、油田で財をなした一家の娘の婚約者はモリーの過去を明かす。全5巻中3・4巻が欠落している。 
f0221052_1950773.jpg

★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2013-11-27 19:50 | 映画 | Comments(0)

สาวคาราโอเกะ

ウィッサラー・ウィチットワータカーンの監督デビュー作『カラオケ・ガール』は、ナイトクラブでホステスとして実際に働いていた女性を主役に起用し、彼女の日常生活をフィクションとドキュメンタリーを交えて描いた作品である。田舎の村で育ち、15歳の年に都会に出稼ぎにやって来たサー。3年間工場で働いた後、彼女は田舎の家族を養う唯一の手段として、夜の世界に身を投じた。ウィチットワータカーンは数週間をサーとともに過ごし、姉妹のような関係を築いた後、脚本の執筆を開始したという。久しぶりに故郷の村に戻ったサーが都会で働いていた時とは全く異なる表情を見せる瞬間が感動的だ。ロッテルダム映画祭コンペティションで上映。(映画紹介より抜粋)

性産業に従事する女性を描いたわりに肝心なところをオブラートでくるみすぎている
f0221052_194909.jpg

★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2013-11-27 19:49 | 映画 | Comments(0)

dビデオ通信10

上から3本は再鑑賞
f0221052_7331510.jpg

マイ・プライベート・アイダホ ★★★☆ 昔観たときは心に沁みたのだが…
UDON ★★★ 出演者たちのキャラらが立ち、寅さん的オマージュもありそれなりに面白い
がんばれベアーズ ★★★☆ 子供の時はベスト映画のひとつだったのだが…
重力ピエロ ★★★☆ 正直悪くないが原作が良く出来ている分粗さが気になる
カナリア ★★★☆ 出だしは秀逸だがだんだん飽きてくる 谷村美月の演技はなかなか
[PR]
by cmonkey3 | 2013-11-26 07:41 | 映画 | Comments(0)

STOKER

『オールド・ボーイ』『渇き』などで知られる韓国の鬼才、パク・チャヌク初のハリウッド作となるサスペンス・スリラー。広大な屋敷で暮らす母娘のもとへ、長期間にわたって消息を絶っていた叔父が現れたのを機に、次々と起こる不気味な出来事と、その裏に隠された驚がくの真相を息詰まるタッチで追い掛けていく。主演のオスカー女優ニコール・キッドマンや、『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカを筆頭に、実力派が結集。謎が謎を呼ぶ展開に加え、静謐(せいひつ)な美しさにあふれた映像も必見だ。
(Yahoo!映画紹介より抜粋)

観てて『オールド・ボーイ』に似ていると感じたがやはり同じ監督の作品だった
世界観は悪くないがハリウッドと歯車が合わなかったのか踏み込みが浅く残念な仕上がり
可能ならその編を修正したディレクターズカット版を出してほしい
f0221052_22382014.jpg

★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2013-11-25 10:20 | 映画 | Comments(0)

東から昇ったお日様が西へ沈む~

f0221052_8434774.jpg

[PR]
by cmonkey3 | 2013-11-24 08:44 | | Comments(0)

帰還

f0221052_8414971.jpg

[PR]
by cmonkey3 | 2013-11-24 08:41 | | Comments(0)

眠い

f0221052_8393550.jpg

[PR]
by cmonkey3 | 2013-11-24 08:39 | | Comments(0)

鏡面的海面

f0221052_8365695.jpg

[PR]
by cmonkey3 | 2013-11-24 08:36 | | Comments(0)