浅田飴くうる日記

<   2013年 02月 ( 58 )   > この月の画像一覧

女の園

封建的女学校を舞台に厳しい規律で抑圧される女学生達に芽生えた反体制の欲求
いささか固い内容ではあるがところどころに木下恵介監督らしき叙情感に溢れている
主人公の芳江を演じる高峰秀子があまりにも暗いのが気になるが…
もう一人の主役というべき高峰三枝子は美しくも陰険な教師役
しかしその冷たい外観の内に熱く秘めるものを隠した演技が素晴らしい
他に勝気な富江やお嬢様である境遇を呪い反発する明子などマルチ主役ともいえる作品
ちなみに『女の園』というだけあり出てくる男達は冴えなく脇役もいいところ
ラストで安易に感情に流されずそれぞれの主張をするところが不自然だが良いともいえる
f0221052_20847.jpg

★★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2013-02-28 22:08 | 映画 | Comments(0)

自由学校

当時朝日新聞に連載され爆発的人気だった同名長編小説が原作
大映と松竹が映画化に一歩も譲らずしついには5月の連休に同日公開してしまった
そのとき生まれた宣伝用語が「ゴールデンウィーク」で今にいたるとか
今回観たのは松竹版で駒子を演じるのが高峰三枝子、ちなみに大映版は小暮美千代
男女それぞれの役割によって生じた軋轢に思い悩み立場を入れ替えることで解決する
まあ適当に面白いけど似たようなテーマが出尽くした今となっては新鮮味が少ない
f0221052_2064076.jpg

★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2013-02-28 20:07 | 映画 | Comments(0)

セックスの向こう側~AV男優という生き方

AV男優達の女性観、SEX観、仕事観に迫ったドキュメンタリー映画
言ってることは一般的な仕事でも共通していえることで目新しさは少なかった
とはいえ彼らが男優になるきっかけのエピソードなどは面白かった
上映後に髙原秀和監督とAV男優のしみけんさんのトークあり
しみけんさん目当てなのか観客は半数が女性で現役のAV女優もちらほらいたみたい
現在AV女優約10000人に対しAV男優は70人程度らしくその育成が今後の課題だとか
f0221052_23233635.jpg

★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2013-02-25 23:23 | 映画 | Comments(0)

サラリーマン悪党術

広告代理店勤務のサラリーマンのおちゃらけ女遊び物語
才色兼備の妻(団令子)、大阪の不倫相手(長谷川照子)クライアントの妾(弓恵子)
これらの女性達の間をうまく立ち回る小沢昭一の好演につきるメロコメディ
f0221052_2321362.jpg

★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2013-02-25 23:21 | 映画 | Comments(0)

ブラックコメディ ああ!馬鹿

須川栄三監督1969年製作
ストロボ効果をつかうなどなかなか凝った作風
ラストもそれこそブラックユーモアな余韻を残している
女優(高橋紀子)が現代的な顔立ちでなかなかチャーミングだった
f0221052_23194636.jpg

★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2013-02-25 23:19 | 映画 | Comments(0)

Go for Broke! ~ハワイ日系二世の記憶~

日系人たちがハワイで果たしてきた役割をひもといていくドキュメンタリー
そして真珠湾攻撃を境に本土の軍隊にに徴収され士官以外日系人のみで構成され
ヨーロッパ戦線で活躍し合衆国史上最も多くの勲章を受けた第442連隊戦闘団を形成する
そのスローガンは「Go for Broke!」当たって砕けろ!
f0221052_23175596.jpg

★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2013-02-25 23:18 | 映画 | Comments(0)

ゆきゆきて、神軍

高3のときこの映画が公開され巷で話題になっていたが地元に上映館がなく数年後ビデオで観た
その頃まだ心が繊細だった自分に衝撃は強すぎ、その意味を考え悩んだものだった
果たしてこれはサイコホラーなのかギャグなのか?いっそフィクションだったら救われるのに
今回約20年ぶりに観て耐性はついてると思ったのだがやはり強烈なことに変わりは無い
ただこの狂人をつくった戦争という名の極限状態を洞察ができるくらいには心の余裕ができた
一見トンデモさんに見えるが色々計算し自己演出してる部分もありそうだ
頑なな人間を殴り怒らせその後なだめすかす説得方法は某新興宗教のようでもある
上映終了後の原一男監督と編集の鍋島惇と製作の小林佐智子によるトークセッション
映画製作時のエピソードが面白くまた編集により映画の主体は大きく変わると気づかされた
一時間半にもおよぶ長いトークだったがこのまま朝まで話しちゃうの?的勢いの価値ある内容
f0221052_19552484.jpg

http://www.st.rim.or.jp/~r17953/impre/Movie/OKU_1.html
★★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2013-02-22 22:56 | 映画 | Comments(0)

No habrá paz para los malvados

世界観は好きなんだが…編集が悪いのか?
事件の必然性や次々出てくる登場人物たちの情報が乏しく少し混乱気味
たまたま?大きな事件にまきこまれて突然の打ち切り漫画のような強引なラスト
含みは持たせてるようだが主人公の過去をリンクさせれば傑作になる可能性はあったのに…
f0221052_195586.jpg

★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2013-02-22 19:06 | 映画 | Comments(0)

貸間あり

大阪郊外の通天閣を見下ろす高台にある長屋を舞台にした下町群像劇
ここは一刻館か?それとも吉本かっ!というくらい個性的な面々が登場する
いささか品に欠けるがコントと映画との境目をギリギリのバランスで保った人情喜劇
中盤から後半にかけ視点が定まらりきらずにダラダラ感が残ったのが残念ではあるが…
f0221052_14225715.jpg

★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2013-02-22 14:22 | 映画 | Comments(0)

幕末太陽傳 デジタル修復版

日本映画の歴史に残る屈指の名作と評される一本
平日初回の上映だというのに決して小さいとはいえない新文芸座はほぼ満席だった
江戸品川宿の女郎屋を舞台に古典落語をモチーフにテンポよく展開するドタバタ人情劇
あえていえば高杉晋作(石原裕次郎)率いる長州武士たちがもう少し際立っていてくれれば…
監督は天才川島雄三で脚本と助監督を担当したのは後にパルムドールを二度受賞する今村昌平
出演は主役のフランキー堺はじめ石原裕次郎、小林旭、二谷英明、岡田真澄、金子信雄、西村晃…
女優陣も南田洋子に左幸子、山岡久乃、芦川いづみ…と数えあげたら限がない豪華キャスト
もう二度とつくれないだろう奇跡的大傑作
f0221052_1417248.jpg

★★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2013-02-22 14:17 | 映画 | Comments(0)