浅田飴くうる日記

<   2012年 10月 ( 75 )   > この月の画像一覧

GRAND THEFT AUTO

続・夜コーマン 第三夜
ロン・ハワードの初監督作品にて主演作品
コーマンの門下生はすごいね下手なアカデミー賞よりよっぽど顔ぶれが豪華だ
f0221052_11254890.jpg

★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2012-10-31 11:26 | 映画 | Comments(0)

THE RAID -REDEMPTION-

予告編が面白そうなので観にいったが…
冒頭ほとんど説明がないままに作戦は進行し延々と戦いは続いていく
戦闘シーンはたしかに迫力があるがこうまでしつこいとよほどの格闘ファンでないかぎり辛い
寸前まで生きるか死ぬかの戦いの間にとってつけたような家族の邂逅シーンも不自然すぎる
中ボスは鬼のように強かったが卑怯にも二人かがりで倒すしボスは弱くてで隙がありすぎるし
とにかく映画としてのバランスが悪く正直予告編で十分だった
といいながらもそこそこ最後まで観れたので暇つぶし映画にはなると思う
f0221052_168248.jpg

★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2012-10-30 16:08 | 映画 | Comments(0)

桃祖

真摯に愛情を持って人生を歩んできたある家政婦の女性の晩年
生きてきた軌跡が最後に表れるのだなというようなハートウォーミングもの
主人公とその家に60年間従事してきた桃さんの関係は漱石の坊ちゃんと下女の清を連想させる
実際にこの映画を撮ったロジャー監督の家庭がモデルになっていて主人公の名もロジャー
ふと気づいたが映画の中の映画プレミアのシーンでレイモンド・チョウ氏が映っていた
きっと他にも香港、中国あたりの監督や女優が友情出演してたのだろうね
f0221052_13322646.jpg

★★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2012-10-30 13:32 | 映画 | Comments(0)

THE WOMAN

女性蔑視の変態オヤジに狼女?が監禁されるというトンデモグロバカホラー
実は狼女みたいなのは食人の一族の末裔で前作『OFF SPRING』の続きらしい
多分前作を観ていたらもう少し分かると思うが観なくてもなんとかなる
キチガイオヤジにより娘ははらまされ妻は殴られレイプの手伝いまでさせられる崩壊した家庭
欲求不満の屈折した長男を交えて学校の先生を嬲り殺しするのを見て興奮している
そこへ狼女?の一方的ともいえる反撃が始まるのでグロいけれどスカッとする
お母さんは可愛そうだし妹はどんな人生を送るのってとこが気になるが…
そして爽やかな音楽が流れ始めアメリカンニューシネマのような…
f0221052_2163186.jpg

★★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2012-10-29 21:06 | 映画 | Comments(0)

はじまりの島

最初誰かのホームビデオを観せられているような感覚に陥ったが
観ているうちに神々と隣り合って生活しているような癒し感覚みたいなものが伝わってきた
f0221052_215265.jpg

★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2012-10-29 21:05 | 映画 | Comments(0)

THE CALLER

『トワイライトゾーン』を長くしたような映画で若干軽いが悪くはない
f0221052_2154145.jpg

★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2012-10-29 21:05 | 映画 | Comments(0)

タケヤネの里

竹皮編みという竹の皮を使った工芸品をめぐるドキュメンタリー
ナチスドイツから逃げてきたユダヤ人が現地の職人と作り出したというくだりから
そこに調査に来ていた女性が技術を継承していくような内容だが
アジア地域の竹細工の日本文化への影響や竹の種類などにも言及している
アーツ&クラフト運動とか柳宗悦とか民芸全般が好きな人ならはまるかも
f0221052_2135328.jpg

★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2012-10-29 21:03 | 映画 | Comments(0)

MARTYRS

陵辱系サスペンスホラーというようなカテゴリー?
全体的には悪くないのだが前半の回想を含めた暴力シーンがしつこすぎて眠い
狂信的宗教団体による殉教という名の暴行・殺人というプロット自体は面白いと思うが
なんか監督が影響を受けた映画を切り貼りしてリミックスしたような小手先な感じで
監督自身が本当に何を伝えたいか伝わってこない
エンドでダリオ・アルジェントに捧ぐと謳ってるが…
f0221052_13225027.jpg

★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2012-10-29 13:22 | 映画 | Comments(0)

MONSTER

東京国際映画祭 特別企画コーマン魂ラストの一本
この頃になると眠さがピークに達していて眠っては起きての繰り返し
作品が作品だけにどこまでが悪夢なのかまるで胡蝶の夢のような不思議な感覚だった
ストーリーは追えなかったが半魚人的モンスターのスプラッターものでいかにもコーマンらしい
f0221052_11163333.jpg

★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2012-10-28 11:17 | 映画 | Comments(0)

THE RED BARON

東京国際映画祭 特別企画コーマン魂
ロジャー・コーマンの監督として最後の作品(以降はプロデュースや配給に専念)
コーマン作品としては最大規模の予算を投入したらしいがそれでも一般的には低予算
その中でこんな正統派で素晴らしい作品を作る力がある御大に改めて敬意を払う
CGが無い時代にこれだけの特撮ができたことにも驚かされる
貴族であり騎士道精神を貫いた主人公(実在の人物)も非常に魅力的で
真紅に塗った三葉機を操る様子は赤い彗星シャアのモデルといわれているが
『紅の豚』へのインスパイアも残したんじゃないかな
f0221052_11142387.jpg

★★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2012-10-28 09:15 | 映画 | Comments(0)