浅田飴くうる日記

2013年 09月 25日 ( 3 )

STRUTTER

ロサンゼルスに住む若きロッカーを主人公に、甘酸っぱい青春模様を切り取ったドラマ。『ガス・フード・ロジング』などのアリソン・アンダースと『ヒッチャー2004』などのカート・ヴォスが共同で監督を務め、クエンティン・タランティーノら映画人の協力のもと低予算で製作。大好きな彼女に振られた主人公が、彼に思いを寄せる美女や、憧れの存在でありライバルでもあるミュージシャン、母親の恋人であるミュージシャンなどと交流を深めていく様子を描く。テリー・グレアムやアリエル・ピンクらミュージシャンが出演しているのも見どころ。(Yahoo!映画紹介より抜粋)
f0221052_17474328.jpg

★★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2013-09-25 17:47 | 映画 | Comments(0)

あした天使になあれ

ミュージカル女優をめざしていたが父の死を期に夢を捨てた手術室の看護師、真央〈瞳梨音〉は、病院の先輩に誘われてミュージカル劇団「アップルパンチ」に入団。封印していた歌やダンスの楽しさが蘇る。看護学校の入学資金を出してくれた頑固な伯父は大反対なのだが、真央は夢を捨てずに、仕事との両立に奮闘する。そんな真央を支える劇団の先輩で町工場の跡取り本間(安藤匡史)・・・。庶民の町、道頓堀を舞台に口は悪いが優しい心根の大阪人の喜びや悲しみ、笑いが一杯詰まった元気がでるヒューマン・ホット・ムービーである。(映画紹介より抜粋)
f0221052_17453636.jpg

★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2013-09-25 17:45 | 映画 | Comments(0)

言葉のきずな

失語症―。頭でわかっているのに、言葉が出ない、会話がわからない、書けない。毎日がそのモヤモヤの中で生きている人たちだ。
そのハンディキャップを抱えながら、闘病体験や日々の出来事を芝居にする劇団「ぐるっと一座」。彼らは失語症をテーマに、前人未踏の挑戦を10年以上つづけてきた。アクション付きの発声練習や即興劇など、演劇ワークショップの中から生まれた、言葉だけではない、体全身を使った演劇スタイルで注目される。

苦しみや絶望の淵におちいった人たちが、表情豊かに舞台をはねまわり、歌い、セリフを発する舞台。やがて、彼らや現実の世界で、一歩ずつ、希望を形にしていく。
二年間の取材の中から、心の言葉がほとばしる瞬間をカメラはとらえた。(映画紹介より抜粋)
f0221052_17443382.jpg

★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2013-09-25 17:44 | 映画 | Comments(0)