浅田飴くうる日記

VIVRE SA VIE

「勝手にしやがれ」「女は女である」のジャン・リュック・ゴダールの演出した社会風俗ドラマ。マルセル・サコットのドキュメント「売春婦のいる場所」からゴダール自身が脚色したもの。撮影は「ピアニストを撃て」のラウール・クタール、音楽は「エヴァの匂い」「5時から7時までのクレオ」のミシェル・ルグランが担当した。出演者は「5時から7時までのクレオ」「シエラザード」のアンナ・カリーナ、サディ・ルボット、G・シュランベルゲル、アンドレ・ラバルトなど。
(映画紹介より)
f0221052_19055608.jpg

★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2016-04-12 19:05 | 映画 | Comments(0)
<< 牡蠣工場 Masculin Feminin >>