浅田飴くうる日記

THE WRECKING CREW

1960年代から1970年代に、ザ・ビーチ・ボーイズら多くのアーティストのヒットソングを手掛けたセッション集団、レッキング・クルーに迫るドキュメンタリー。メンバーのギタリスト、トミー・テデスコの息子デニー・テデスコが監督を務め、父親やブライアン・ウィルソンをはじめ関係者にインタビューを行い、レッキング・クルーの知られざる功績と苦悩を映す。130曲に及ぶ使用楽曲の権利をクリアするのに時間がかかり、撮影から18年を経て公開が実現した。
(映画紹介より)
f0221052_10575991.jpg

★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2016-04-04 10:57 | 映画 | Comments(0)
<< ヤクザと憲法 4月3日(日) 新舞子海岸~湊... >>