浅田飴くうる日記

Двадцать дней без войны (再鑑賞)

1977年フランス<ジョルジュ・サドゥール>賞受賞
ゲルマン監督は1939年生まれ。父親で作家のユーリー・グルマン原作の映画化「道中の点検」が1971年、公開禁止となったため、その後、長く不遇におかれたが、幸いに第3作「戦争のない20日間」は、原作者コンスタンチン・シーモノフを初めとする人々の支援もあって、1977年、小規模ながら公開され、同年、フランスでジョルジュ・サドゥール賞を受賞。さらに9年後、パリで公開されるや、「ミハルコフ、タルコフスキーにも匹敵する優れた名匠」(仏・テレラマ紙)と評価されるなど、ゲルマン監督の真価を初めて国外に伝えることになった。
この映画は他のゲルマン監督の作品と同じく、寡黙で不器用な中年男の孤独な物語で、原作は、コンスタンチン・シーモノフの「ロパーチンの手記より」。従軍記者ロパーチンの20日間の休暇の様々な人々との出会いの中で、大人の愛が描かれる。
古びた列車や寂しげなタシケントの街など、叙情味あふれる美しい映像で絶賛を受けた撮影監督ワレーリー・フェドーソフは、引き続き「わが友イワン・ラプシン」(84)でもゲルマン監督とコンビを組んだ。
主人公ロパーチン役に喜劇界のベテラン、ユーリー・ニクーリンが、ヒロインのニーナ役には、「ふたりの駅」(82)で艶やかな円熟ぶりを見せた人気女優リュドミーラ・グルチェンコが扮して、ともに抑制のきいた味わい深い演技で心にしみいる大人の愛を演じ、この作品を一層感動的なものにしている。
(映画紹介より)
f0221052_13540713.jpg

★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2015-10-31 13:53 | 映画 | Comments(0)
<< NAGISA なぎさ Проверка на дор... >>