浅田飴くうる日記

RUDDERLESS

『ファーゴ』などで独特の存在感を放つ名優ウィリアム・H・メイシーの初監督作。銃乱射事件で死んだ息子の遺(のこ)した楽曲を自らが歌っていこうとする父親と、その曲に心打たれたミュージシャン志望の青年が、音楽を通じて再生していくさまを描く。主演のビリー・クラダップは、彼とバンドを組む青年役のアントン・イェルチンと一緒に、実際に歌とギター演奏を披露。そのほか『スプリング・ブレイカーズ』などのセレーナ・ゴメス、メイシー監督の妻フェリシティ・ハフマンらが脇を固める。
(映画紹介より)
f0221052_1465229.jpg

もうひとつの『エレファント』のような映画だが小細工し主題がボケてしまった感じがする
音楽シーンはとても格好良く、アメリカに憧れ続けた少年時代を思い出した
★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2015-02-26 14:06 | 映画 | Comments(0)
<< 闘将!?拉麺男 闘将!?拉麺男 >>