浅田飴くうる日記

Die Tochter des Samurai

デビュー直後の16歳の原節子がヒロインを務め、日本で初めて外国との合作映画として製作された人間ドラマ。欧州から帰国したいいなずけの変化に気付き、絶望のあまり自殺しようとするヒロインの姿を描く。共演は、国際的に活躍した早川雪洲ら。巨匠アーノルド・ファンクと、伊丹十三の父で『赤西蠣太』などを監督した伊丹万作が、共同でメガホンを取る。富士山や京都など日本各地の風景、円谷英二による日本初の特殊撮影、山田耕筰の音楽、そして原のみずみずしい魅力など、見どころがたっぷり詰まった作品だ。
(映画紹介より)
f0221052_16525186.jpg

★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2014-08-23 16:52 | 映画 | Comments(0)
<< GOOD BYE, LENIN! セックス・チェック 第二の性 >>