浅田飴くうる日記

STEM CELL REVOLUTIONS

2012年12月10日。スウェーデンのストックホルムでノーベル賞の受賞式が行われ、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を世界で初めて作成した京都大学の山中伸弥教授が出席。日本人で2人目となるノーベル医学・生理学賞を受賞した。体の健康細胞をもとに事故や病気で失った部分に移植が出来る技術、いわゆる再生医療が可能になった本研究は日本のみならず、世界中の研究者たちの間で大きな関心を呼んだ。本作は昨年末のノーベル賞授賞式でも上映され、iPS細胞の仕組みを分かりやすく解説している映画と認められたドキュメンタリー作品。
(映画紹介より抜粋)
f0221052_12531583.jpg

★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2014-02-26 12:53 | 映画 | Comments(0)
<< 変身-Metamorphosis PIONEER >>