浅田飴くうる日記

新撰組

松浦健郎の脚本を沢島忠が監督した三船プロ作品。三船敏郎をはじめ豪華なキャストが集結。芹沢鴨を三国連太郎が演じたが、その息子である佐藤浩市が34年後にNHK大河ドラマで同じ役を演じた。
 文久三年、近藤勇は土方歳三や沖田総司らとともに浪士隊に応募、芹沢鴨たちも加わり新選組が誕生した。組織の統一を図る近藤と土方に対し芹沢一派は反発するが、芹沢の狼藉を見かねた近藤は芹沢を暗殺する。残る一派も粛正され、新選組の全権は近藤に委ねられた。池田屋での活躍によりすっかり羽振りが良くなった新選組だったが、内部での締め付けはさらに厳しくなり、河合喜三郎や山南敬肋らが命を落としてしまう。すでに幕府の滅亡を予感していた近藤だったが、最後まで幕府のために戦うと誓うのだった。
(Yahoo!映画紹介より抜粋)
f0221052_13402396.jpg

★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2014-02-21 21:45 | 映画 | Comments(0)
<< 酔えば酔うほど眠くなる 座頭市と用心棒 >>