浅田飴くうる日記

珈琲とエンピツ

映画の主人公は、静岡県湖西市にあるサーフショップ&ハワイアン雑貨店の店長、太田辰郎さん。ろう者である。30年以上のキャリアをもつサーファーで、自らサーフボードを作る職人でもある。2007年4月、長年の夢だった自分のお店を開いた。聞こえない太田さんがお客さんをもてなすために考えたのが、自らも愛飲するハワイの珈琲をサービスすること。来てくれた人に、まず珈琲を入れ、ジェスチャーで勧める。そして、紙とエンピツで筆談が始まった。
「今日、波乗った?」「乗ったよ。いい波だった」
ハワイアンと間違えられるほどの風貌の太田さんは、筆談だけでなく、声を出して、大きな身振りと豊かな表情で人懐こく話しかける。彼のもとには、手話と全然縁のなさそうなサーファー達も気軽に集い、身振り、手振りで会話を楽しんでいく。そんな太田さんに魅力を感じた今村彩子監督もろう者。約2年間、名古屋から湖西へ通い、取材を重ねた。コミュニケーションは声で話すことだけではない。手話だけでもない。筆談、身振り、そして、笑顔。相手に気持ちが通じれば、何でもありだ。一番大切なのは、伝え方ではなく、相手に伝えたいという気持ち。そんな太田さんの「言葉を越えたコミュニケーション」を多くの方々に知てもらいたいという想いを込めて、2011年10月1日に完成。(映画紹介より抜粋)
f0221052_12475834.jpg

★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2013-12-27 12:47 | 映画 | Comments(0)
<< 永遠の0 dビデオ通信16 >>