浅田飴くうる日記

KT

1971年4月、韓国大統領選挙は僅差の末、朴正熙の三選が決まった。敗れたとはいえその力を内外に知らしめた野党候補、金大中は、朴正熙大統領にとって大きな脅威となる。その後、金大中は国会議員選挙の選挙運動中に大型トラックの追突を受ける。金大中がその後遺症の治療のため日本を訪れていた72年10月、朴大統領は非常戒厳令を宣言し、反対勢力の徹底弾圧に乗り出す。これにより、金大中は日米を往復する亡命生活を余儀なくされた。しかし、その後も金大中は朴大統領への批判を繰り返し、韓国の民主化の実現へ向けて精力的な活動を行うのだったが…
(Yahoo!映画紹介より抜粋)

いわゆる「金大中」事件を題材にしたセミフィクション
といってもこの事件を知らなかったし金大中についても少し前の大統領程度の知識
Wikiってみたらかなり波乱万丈のドラマチックな政治人生を歩んでいたらしい
国を憂いながらも三島事件に参加できず死に場所を探していた元自衛官の富田
それが韓国人女性と出会い生きる意味を見つけた、というのはいささか安易すぎる…
f0221052_16511610.jpg

★★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2013-09-22 16:51 | 映画 | Comments(0)
<< いつかギラギラする日 首 >>