浅田飴くうる日記

わが恋の旅路

篠田正浩監督1961年の作で寺山修司と共同脚本
いわゆる恋愛映画でこういう脚本は結構好きなのだがハッピーエンドなのが気に入らない
そこまでが主人公の妄想で現実は非情な結末にしたほうが面白かっただろう
映画の舞台となった1960年代の横浜の様子が垣間見れる
f0221052_1120293.jpg

★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2013-04-17 11:20 | 映画 | Comments(0)
<< 上海異人娼館 無頼漢 >>