浅田飴くうる日記

Aniki Bóbó

104歳にして現役映画監督であるマノエル・ド・オリヴェイラの長編初監督作品
となると当然かなり昔の映画となるわけで1942年の作品
子供の世界をみずみずしく描いているのだが子供特有の狡猾さが欠如し嘘くさい
基本的には全編に渡り子供視点であるが一人だけ大人がからんでくる
当時のポルトガルの町の風景など見るべきものは多い
f0221052_074353.jpg

★★★☆
[PR]
by cmonkey3 | 2012-12-13 00:08 | 映画 | Comments(0)
<< AU HASSARD BALT... Deux ou trois c... >>