浅田飴くうる日記

CORRESPONDENCIA JONAS MECAS

ホセ・ルイス・ゲリン映画祭3日目、監督がティーチインする最後の回に間に合い立ち見鑑賞
実際には通路の最後列に座布団を敷き座れて下手な場所の椅子より快適だったかも
ある映画を通して知り合ったジョナス・メカスという老前衛映画監督との映像を通じた往復書簡
ゲリンの映像が短編のようにしっかり作られているのに対しメカスのはラフな瞬時的映像
これはゲリンの同志メカスへの敬意を表したラブレターのようなものなのだなと思った
優れた監督はたとえ一本の木を撮っただけの映像でもそこに物語を紡いであるのを見出せる
f0221052_941478.jpg

★★★★
[PR]
by cmonkey3 | 2012-07-02 20:47 | 映画 | Comments(0)
<< 細首領への道 仁義なき戦い 広島死闘篇 >>